髭剃り・ヒゲ処理が面倒くさいと感じているあなたへ

社会人の朝の5分、10分は夜の1時間にも匹敵するくらい重要です。
……ちょっと大袈裟ですが。

でも、朝の5分、出かける前の5分はとても大きいです。
この髭剃りにかかる5分を解消できたら毎日5分も余分に寝れるようになります。
朝の5分の睡眠時間の延長は至福です。

そんな出かける前のわずらわしく面倒くさい髭剃りの5分を解消する方法を紹介します。

中には金輪際髭剃りの必要がなくなる方法もあるので毎日、毎朝の髭剃りにめんどくささを感じている方は参考にしてください。

髭剃りに使っている時間は?

毎朝やお出かけ前の髭剃りにどれくらい時間を使っているのか?つまりは「髭剃りにどれくらい時間をかけているのか?」この自分の髭剃り時間は長いの?短いの?という部分、意外と気になる方も多いのではないでしょうか?

髭剃りにかけている時間をアンケート調査した結果がネット上に公開されていたので引用します。

このような形になっています。

だいたい 分が多く、全体の %を占めているのがわかります。ただし、髭の濃さや髭に対する悩みの深さにも違いがあるように髭剃りに要する時間はとても個人差が大きいのがわかります。

最長で20分以上かけて髭剃りをする方もいるのは驚きです。といっても念入りに髭剃りを行えば10分以上かかることは意外とあります。私はだいたい5分~8分くらいですが、それでも毎日出かける前に必要なこの時間に面倒くささを感じています。

あなたも同じではありませんか?

解消するには?一時的か?永続的か?

本題に移りますが、この毎日、毎朝の髭剃りのわずらわしさ、面倒くささを解消するためにどんな方法が有効なのかを紹介していきます。

髭剃りの手間の解消には一時的なものと永続的なものがあります。

一時的

一時的ですが、朝剃る面倒くささを解消するのに有効なのが「前日の夜に剃る」ことと「脱毛クリームなどを使った除毛」が有効です。

夜に剃る

夜など寝る直前に髭を剃り、翌朝の髭剃りを放棄する方法です。方法と言ってもただ剃るタイミングを前夜にずらしただけの話ですが、朝の髭剃りに必要な5分を睡眠や別のことに当てることができるようになります。

睡眠時間分だけ髭が伸びることになりますが、髭が濃い方でもそれなりに綺麗な状態で1日を終えることができるようになります。ただし、髭が濃い人は午後辺りから髭が気になり出す心配もあるので、髭の伸びが早いなぁと感じている方にはあまり向きません。

除毛

髭を剃ると表面上では綺麗に剃れていますが、皮下までは剃り込むことができないため、すぐに伸びて無精ひげが目立つ形になります。

髭は1日に約0.4mm伸びると言われているので髭が薄い人でない限り、成人であれば毎日の髭剃りが必要になる場合が多いです。

そこで抜毛や除毛で毛根ごと脱毛してしまうことで皮下の分だけ髭剃りの必要がなくなります。だいたい髭は皮下 mmの距離から生えていると言われているので、1日0.4mm計算で考えると 日間は髭剃りの心配がなくなります。

髭を抜くとしばらく生えてこないイメージを持つかもしれませんが、成長期の髭は抜いてもすぐに生えてくるため、皮膚表面に髭が顔を出すまでの間しか効果がありません。

ピンセットなどで髭を1本ずつ抜くのも髭剃りよりは髭の手入れの期間を延ばすことができますが、埋没毛などの心配もあるのであまりおすすめしません。髭の脱毛を個人でやる場合は除毛クリームなどを使い、脱毛を行うと良いでしょう。

どちらもあくまでも一時的な脱毛方法になるため、皮膚表面に髭が出てきたら、また除毛か剃毛の必要があります。どちらにしても手間のかかる方法なのであまりめんどくささの解消には繋がりません。

永続的

永続的と言っても方法にもよりますが、ほぼ永久的に髭剃りの必要がなくなる方法が「髭脱毛」です。

髭脱毛にも「ニードル脱毛」「レーザー脱毛」「フラッシュ脱毛」など種類は色々ですが、本当の意味での永久は「ニードル脱毛」になります。

レーザーやフラッシュも永久脱毛と呼ばれる髭脱毛方法ですが、医療現場で言う永久脱毛は私たちの思う永久とは意味が異なります。

永久脱毛について
医療現場で言う永久脱毛は施術後1ヶ月以内で5分の1の毛が生えてこないことを言います。

ただし、どの方法も施術を受けることで最終的に半永久的に脱毛効果を得られるようになります。

毎日、毎朝の髭剃りから解放されるとともに、仮に永久と言わずとも、ところどころ生えてきた場合でも4日~1週間に1度くらいの髭剃りで済むくらいに髭をなくすことができます。

ただし、永久に脱毛することを目的とする施術からもわかるように万が一何年か後に髭を生やしたい、髭で遊びたいと考えても髭のデザインを自由にできるほど髭が生えてこなくなるのでその点(デメリット)は事前に認識しておく必要があります。

ただ、髭剃りに悩む人にとっては髭が生えないリスクよりもメリットの方が圧倒的に大きいはずです。

男の脱毛も一般的

一時的な脱毛と永続的な脱毛方法について紹介しましたが、髭剃りがめんどくさいと感じている方におすすめしたいのは当然後者の「髭脱毛」です。

クリニックやエステで行う髭脱毛ですが、人によっては「男で脱毛なんてするものなのか?」とか「男で脱毛を受けるのは恥ずかしい」と感じる方も意外と多いと思います。

実際私自身が髭脱毛経験者ですが、何となくこっぱずかしい思いをしたのは覚えています。

ただ、実際にクリニックに足を運んでみると(私は医療レーザー脱毛にて髭脱毛を行いました)私以外にも男性客は多く、また、1ヶ月少々間隔を空けて施術を受ける際の予約も希望日が取れない日があるなど男性で髭脱毛を行っている人は意外と多いです。

実際に髭脱毛クリニックやエステでも髭脱毛の広告を大々的に打つなど宣伝に力を入れています。今では男性でも美容に気を使う人も増えてきている時代です。今後さらに髭脱毛は一般的なものになっていくと思われます。本格的に混みだす前にいち早く髭脱毛を始めてみることを経験者として強くおすすめします。

私の現在の髭の状態など今後機会があれば公開しようと考えていますが、私以外にもネット上で髭脱毛の体験談を公開してくれている方はいるので参考にしてみるのも良いでしょう。

カウンセリングは無料なのでまずは試してみて下さい

「 」でも髭脱毛について簡潔になるべくわかりやすくまとめていますが、髭脱毛は毛周期(髭の生え変わりのサイクル)の関係上、一回一回の施術に1ヶ月少々の間を空ける必要があります。3~5回ほどで効果は目に見えてわかるようになりますが、髭剃りの必要ないツルツル、もしくはほぼ髭のない肌にするにはだいたい1年近くの時間を要します。

施術後は長くても2週間でほぼ全ての髭が抜け落ちますが、またすぐにまだ生えてきていなかった髭が顔を出します。このように今生えている髭に対してレーザーなりフラッシュなりを照射することで脱毛するので眠っている髭が生えてくるまで施術を待つ必要があります。

一回一回の施術で効果は感じやすいですが、髭がなくなったと感じるには半年以上、約1年かかるのでなるべく早め早めに施術を受けることが重要です。

何度か施術を受けるうちに徐々に髭剃りのめんどくささも解消されていくので次第に髭剃りのストレスもなくなってくるはずです。

今は毎日、毎朝行っている髭剃りもほとんど必要なくなるレベルまで脱毛することもできるので髭剃りを面倒くさく感じている方はぜひ髭脱毛を検討してみることをおすすめします。